健康な心身を作ろう

健康な心身は、人生を楽しく生きるために不可欠なものです。お仕事でも勉強でも、趣味や恋愛を楽しむ際にも、健康であることは大きなプラスとなります。
それでは、健康な心身を手に入れるためにはどうすればよいのでしょうか。いろいろな方法がありますが、まずダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。
といっても、たとえば若い女性にダイエットはとても人気ですが、痩せすぎてしまうのもよくありません。特に女性の場合、生殖機能にも影響が出てしまいます。女性はもともと赤ちゃんを出産するために、皮下脂肪が多めになっています。
ですから過度のヤセ願望は、健康を損なってしまう恐れもあります。
一方、肥満やメタボリックシンドロームなどが気になっている場合には、ぜひダイエットを行いましょう。なぜ肥満がいけないのかといえば、内臓脂肪が血糖値を上げたり、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やして動脈硬化を引き起こしたりするからです。
血糖値が高くなりすぎますと、体内で糖分を分解しきれなくなります。すると糖分が血管を傷つけて、いろいろな病気を引き起こしてしまいます。
中性脂肪や悪玉コレステロールが増えてしまいますと、脂質異常症という状態になります。すると悪玉コレステロールが血管の中に溜まって血管を詰まらせやすくなったり、血管をもろくして脳卒中や心臓病の原因となります。
そこで、こうした病気を防ぐためにダイエットをする必要があるわけです。ちなみに外見は痩せていても内臓脂肪が多いという場合もありますので、体脂肪率や内臓脂肪レベルがわかる体組成計を使うと良いです。
ダイエットの基本となるのは、やはり食事制限と運動です。食事制限ではカロリーが毎日のエネルギー消費量を上回らないようにしないといけません。痩せたいのであればもっとカロリーを減らす必要があります。
カロリーを減らすといいますと脂肪を減らすべきだと考えがちですが、最近では糖質を減らすほうが効果的だと言われています。ごはんやパン、麺類などを食べ過ぎないようにしましょう。
とはいえ、こうした食事制限は「好きなモノをたくさん食べたい」という本能に逆行する行為ですから、続けるのはとても大変です。
そこで、食物繊維を上手に利用しましょう。食事の前に食物繊維のサプリメントを摂取したり、食物繊維入りのお茶を飲むなどの方法があります。
なぜこれが良いのかと言いますと、食物繊維は腸がカロリーを吸収するのを抑えてくれるからです。また、食物繊維は胃の中で大きく膨らみ、満腹感を生み出します。
そのため、我慢しなくても食べる量を減らせるという効果があります。